大人になってからの小麦アレルギー

韓国で、エステを受けた時に使用した化粧品がアレルギーの原因でした。

帰国後、小麦アレルギーが発症してしまって、小麦を含まれている食べ物を摂取したら、寒気がして、じんましんがでたり、心臓がバクバクして苦しくなってきます。

一昔前に加水分解小麦タンパクが含まれている石鹸で、健康被害が出たというニュースがありましたが、おそらくそれが含まれていたのだろうとのことです。軽い気持ちで、観光がてらエステを受け、成分も何も確認しなかったことで、一生引きずってしまうことになるアレルギーを発症してしまったことに悔やんでも悔やみきれません。

小麦が原料のものは、すべて食べられないのですが、パンやケーキは米粉を使用したもの、大好きな粉もののお好み焼きなどは厳禁です。

外出先でも昔は大好きなものでも食べられない事が多いので、不便極まりません。薬を飲めば多少は、取っても構わないのですが、本末転倒なので控えています。

食物アレルギーとは、子供の頃から発症するものと思っていましたが、私のように大人になって突然発症する場合もあります。

アレルギーは免疫力が低下しているときに出やすいという面もあるので、日頃から偏食をしないことやストレスをためない事、また食品だけではなく、肌から浸透することもあるので、表示成分をよく見て、品質の悪いものは使わないよう気を付けることを心がけるべきだと思います。