清潔にしすぎることでアレルギーを生むこともあります

子供がたまごアレルギーでした。

幼児期の頃は、極度のアレルギー反応が出て、たまごそのものはもちろんのこと、わずかにたまごが付着したものを舐めただけで、全身に発赤ができて、ものすごいかゆみが出て、量によっては喘息様の発作症状が出るため、命の危険があります。

たまごを使った料理はものすごく多く、子供の好きなケーキやクッキーなどにも含まれているため注意が必要ですし、コンビニで売られているおにぎりの海苔にも、つやを出すためにたまごの卵白が塗られているため、何にたまごが入っているのかを、頭がおかしくなるほど神経質に確かめて与えていました。

一般的に、食品アレルギーは、年を取るごとに改善していくと言われていましたが、大人になってもたまごが食べられなかったらどうしようと不安にかられました。

ある時医師から、清潔にしすぎることで、かえってアレルギーを引き起こしてしまうので、多少不潔なほうが健康でいられる。

昭和時代の子供には、食物アレルギーなんてほとんどなかったので、室内で遊ぶのではなく、昭和の子供のように、外で思い切りどろ遊びをさせたほうがアレルギーには良いといわれたので、休みの日には、必ず外で砂場堀などをして遊ぶようにしました。

親が忙しくても、子供は毎日のように服がどろだらけになるほど庭で遊ぶようになり、1年ほどしたら、たまごアレルギーは軽減どころか消失しました。

ケーキやクッキーはもちろん、たまご焼きそのものを食べても大丈夫なようになりました。

風邪も引かなくなりましたし、冬でも半そでで遊ぶほど丈夫な子供になりました。

現代の生活は、清潔にするのが当たり前になってきていますが、清潔にしすぎることで、体が弱く、アレルギーを生む場合もあるため、少しくらいの不潔にさらされた方が、免疫力が整えられ、アレルギーを抑えてくれることもあるようです。

cheap NBA jerseys wholesale NBA jerseys cheap nfl jerseys wholesale jerseys