食物アレルギーを知っておく

食物アレルギーを自分がどの症状があるのか知っておくとよいでしょう。

やはり重症になると命さえ落としかねませんので何らかのアレルギーがある人は自分が食べてはいけないものを知っておかないとなりません。

じんましんや肌荒れ程度ならばまずは軽傷で済みますが重傷ともなると呼吸困難など悪化してしまい病院へ担ぎ込まれてしまう恐れも出てきますので自分を知ることが大事です。
続きを読む

大人になってからの小麦アレルギー

韓国で、エステを受けた時に使用した化粧品がアレルギーの原因でした。

帰国後、小麦アレルギーが発症してしまって、小麦を含まれている食べ物を摂取したら、寒気がして、じんましんがでたり、心臓がバクバクして苦しくなってきます。

一昔前に加水分解小麦タンパクが含まれている石鹸で、健康被害が出たというニュースがありましたが、おそらくそれが含まれていたのだろうとのことです。軽い気持ちで、観光がてらエステを受け、成分も何も確認しなかったことで、一生引きずってしまうことになるアレルギーを発症してしまったことに悔やんでも悔やみきれません。
続きを読む

食物アレルギーには注意が必要

アレルギーの中には食物アレルギーがあります。そこで、食物アレルギーになっている人は、十分に注意をして食事を摂取していくようにします。

例えば、卵アレルギーであれば、卵を使用している食品やドリンクなどを控えるようにしなければいけないです。

食物アレルギーの症状としては、肌が赤くなったり、吹き出物ができたりなどが起こってきますので、すぐに体に変化が現れます。

軽症の場合もあれば、症状が重たくなってしまう事もあります。重たくなってしまった場合が、困りますので、そうならないようにしなければいけないです。

食物アレルギーの人は、まずは自分が何の食品のアレルギーなのかをきちんと把握しなければいけないです。

また、食品を食べて、もしアレルギーの症状がでたらその食品のアレルギーになっている可能性がありますので、病院で検査を受けるようにします。

食物アレルギーになっている人が知らない間にその食品を摂取してしまうのが一番恐ろしい事です。

ですので、食物アレルギーの人は、自分がアレルギーになっている食品が料理に入っていないのかをしっかり確認しなければいけないですし、特に外食の場合は、きちんと店員に確認してから注文するようにします。

普段の食材も原材料の表示をしっかり見るなど注意が必要です。アレルギー対応の食品に力をしれているスーパーが近くになると助かるのですが、見つからない場合はネットを上手く使うと良いです。

通販で食物アレルギーに対応した食品を扱っているお店など
↑例えばこのサイトなどネットショップの紹介から細かな注意点など経験者ならではなの情報が役立ちます。

子供のアレルギーで鼻がズルズル。

子供のアレルギーで上の子が鼻水がズルズル出てしまいます。

親がもともとアレルギー性鼻炎のため遺伝したのかもしれませんが体調が悪くなると同じようには撫でて何度も鼻を咬んでいます。

対処としては、医者の薬を鼻で吸って治療しています、元気なときには何もしなくてもよいのでいいですが風や気候の変化などで悪くなったり花粉などが出て来るようになるとすぐに鼻に出てしまいます。

また子供のアレルギーを和らげるように食生活なども気を付けるようになりました。

お菓子や肉などを食べさないようにして野菜や乳製品などを多く食べさせるようにすると幾分か体質改善はうまくいっているように思えます、アレルギーの頻度が下がってきているように見られます。

子供のアレルギーはやはり親の遺伝にも関係していてまた生活環境などもあるかと思います。

ハウスダストや花粉など出て来ると子供のアレルギーに影響していますので掃除機などで埃を取って、また空気洗浄機をつけっぱなしにして部屋の空気をきれいにすることで体調は守られています。

薬と環境と食生活でアレルギーはずいぶん落ち着いてきていますので大人になればもう少し無くなっていることだと思いますが今のところはこれぐらいができる対処法だと思います。

卵アレルギーと蕎麦アレルギーの生徒さん

私は、以前、某職業専門学校の給食調理の仕事をしていた事があります。

そこで、世の中には実際に食物アレルギーで不自由な思いをしている人が居るという事を「体験」しました。

1人は、「卵アレルギー」でした。給食は朝、昼、晩、と3食作ります。朝食というのは大抵「卵料理」が付きます。

オムレツ風のもの、温泉卵、厚焼き玉子など、半調理されたものを使っていました。

「卵アレルギー」の生徒さんの親御さんが丁寧に給食室に挨拶にみえて、「面倒をかけますが、卵アレルギーの息子の為にどうぞよろしくお願いします」と菓子折を置いていかれました。
続きを読む

赤ちゃんのアレルギーの対処法

自分自身にアレルギーがあったこともあり、子どもにもアレルギーが出るかも知れないと思ってはいました。

母乳で育てていたので食べるものに影響されることも分かっていたので、自分がアレルギーが出る卵はあまり食べないようにしていました。

離乳食が始まる前の赤ちゃんの頃から、肌がよくかさついてお風呂上りや寝る前などよくかゆがっていました。
夏場はじくじくした湿疹が出来て首部分がただれて大変なことになっていました。

今は首はきれいに治りましたが、まだ触るとアトピーの子ども特有のかさかさした肌をしています。
続きを読む

食物アレルギー把握してないと危険。

食物アレルギーは、人によってはとても危険なことがあるために把握しておく必要が出てきます。

一般的には、卵、小麦、乳製品、エビ、魚介類など多く分別するとかなりの数になるでしょう、このような食べ物が自分に合う合わないを知っておかないと命の危険さえ出て来るのです。

小学校の給食で食物アレルギーで食べてはいけないものを食べてしまったために倒れたりした生徒も出てきた事件も後はたちませんので注意が必要だと思われます。
続きを読む

卵アレルギー克服!

3歳になる娘は、卵アレルギーです。

1歳になる直前に、フレンチトーストを食べたところ
顔中が赤く腫れあがり、急いで病院に連れて行ったことがあります。

思えば、フレンチトーストの火の通りが悪かったのが発作の原因だったのかもしれません。

それ以来、大学病院でアレルギーのフォローをしていただいています。

先生から言われてびっくりしたのは、「よく加熱した卵を、少しでもいいから食べさせてあげて」という言葉でした。

それまでは、アレルギーがあるとその食品を食べないようにするものだとばかり思っていました。
続きを読む

卵のアレルギーについて

我が家の次女は幼い頃から卵アレルギーです。さほどひどい症状は出ないのですが食べ物に卵の成分が入っているだけで食後に腹痛を起こすことがあります。

困ったことに甘いものも大好きで食べることが大好きなので食物に卵が入っているかどうかをチェックすることは非常に難しくなります。

明らかに卵かけご飯やオムレツといった食べ物は避けるようにしていますがかわいそうなのは甘いものが大好きなので洋菓子がほとんど食べられなくなることです。

逆に長女は全くアレルギーがないので我々と同じように卵が入っているおかずもデザートも食べています。最近探してきたのは野菜のケーキを作るお店です。
続きを読む